豊島区地域活動交流センター 利用規約

平成29年6月16日施行

豊島区地域活動交流センター運営協議会

 

1.豊島区地域活動交流センター利用規約の目的

この規約は、豊島区地域活動交流センター(以下「センター」という。)の情報および交流コーナー、作業コーナー、会議室について、センター条例施行規則第9条2項に基づき、その利用方法を定めることを目的とする。

 

2.センター入館方法

施設を利用する際は、入館時にセンター内の入館受付簿に団体代表または個人が必ず記入すること。

 

3.情報及び交流コーナーの利用について

情報及び交流コーナーについては、利用予約を不可とする。コーナーや設置備品は利用者で譲り合って使用する。

 

4.会議室の貸出・利用予約について

(1)利用目的について

  会議室の利用目的として認められるものは、次のとおりとする。

 

内容
①  利用対象者(センター運営協議会・センター登録団体、区、スタートアップオフィス利用者)の会議または研修等
②  利用対象者が主催または共催する講座・セミナー等で、広く一般に参加者を募るもの
③  利用対象者による事務作業

 

【留意事項】

(共通)

・利用時は必ず「豊島区地域活動交流センター会議室・作業コーナー使用届」に利用人数・実施概要がわかるように記入すること。

・室内での飲食は、周辺に著しい影響を与えない範囲で行うことは構わない。(イケビズ要綱に準拠)

・使用後はレイアウトの原状復帰をし、また会議室使用時に生じたゴミ類は必ず持ち帰ること。

・夜間に使用した際は、全体の戸締り・消灯を確認し、1階受付に鍵を返却すること。

(講座・セミナー等開催による利用について)

・講座・セミナー等を開催する際は、周知する平日5日前までに区HP上のフォーマットに開催内容を記入し、チラシ(連絡先明記)とともに区へ提出し、承諾を得てから総合案内ととしま産業振興プラザ1階事務室へ同様のチラシを提供すること。また、当日の参加者への案内等は主催団体が行うこととする。

・原則として参加費を徴収してはならない。

・会議室の定員数は暫定的に20名程度とする。大規模な講座・セミナー等を開催する場合はセンター運営協議会へ事前に相談すること。

(2)貸出について

会議室の貸し出しは、午前・午後・夜間のコマ単位で行う。各コマ利用時間は、準備・後片付けの時間を含め、次のとおりとする。

 

コマ 時間
午前 午前9時30分から午後0時30分まで
午後 午後1時30分から午後5時30分まで
夜間 午後6時00分から午後9時00分まで

 

(3)利用予約・決定方法について

会議室の利用は、事前予約を行うこと。予約・決定方法は次のとおりとする。ただし、予約上限については、1団体あたり月8コマとする。なお、同日内で「午前・午後」、「午後・夜間」の2コマを連続して予約する場合は、2コマを合わせて1コマ、また「午前・午後・夜間」で予約する場合は連続した3コマを2コマとして計算するものとする。

 

場所 センター総合案内
方法 上記窓口での直接申し込みor電話。
決定日 利用月の3か月前の20日
予約の扱い ◎利用月の3か月前の14日までに予約…予約が重なった場合は抽選

◎20日以降…先着順

 

(4)利用者決定後の空き時間の利用

決定後の空き時間の利用については次のとおり。

 

利用申込 総合案内開設時間内に、随時先着順で受け付ける。
当日利用 他の団体の利用予約を妨げない限り認める。

利用する場合は、総合案内員に申し出ること。

 

 

(5)利用キャンセルについて

利用予定コマを利用しない場合は、原則として利用予定日の1週間前までに、センター総合案内に、利用キャンセルの連絡を行うこと。

連絡なく利用予定日に会議室を利用しなかった(無断キャンセル)団体は、利用予定日の翌日から1か月間、新たな利用予約申し込みができないものとする。ただし、利用予定日より1か月の期間内で、すでに利用が確定しているコマがある場合、その利用は妨げない。

(6)優先予約

センター運営協議会の会議(総会、定例会、臨時会等)開催、または、センター運営協議会主催または共催の講座等実施のための利用予約は、利用予約方法に規定する期間にかかわらず、随時行えるものとし、予約と同時に利用が確定するものとする。

 

5.作業コーナーの貸出・利用予約について

(1)貸出について

貸出時間には準備・後片付けの時間を含め、1時間単位とする。また作業等で生じたゴミ類は必ず持ち帰ること。

 

(2)利用予約・決定方法

同コーナーの利用にあたっては、事前予約を行うこと。予約・決定方法等は次のとおりとする。

 

場所 センター総合案内
方法 上記窓口での直接申し込みor電話。
予約の扱い 利用月3か月前から先着順で受付・決定

 

6.センター総合案内閉鎖時の利用について

  総合案内閉鎖時の利用は、事前予約を行った「作業コーナー」または「会議室」の利用に限る。登録団体は、次のとおり利用すること。

 

入館方法 ①  としま産業振興プラザ1階受付の指定管理者に「団体登録証」を提示する。

②  指定管理者から鍵を受け取り、センターを開錠する。

退館方法 ①  入館者は「入館受付簿」及び「地域活動交流センター会議室・作業コーナー使用届」を記入。

②  責任を持って戸締り・消灯を行い、1階受付指定管理者に鍵を返却する。

 

 

7.備品・設備の取り扱い・貸し出しについて

【区設備・備品】

(1)鍵付ロッカー

登録団体は希望により使用可能。使用料は年額1,200円。

区から貸与されたロッカーの鍵を紛失した場合、該当団体は錠前の取り換え等により生じる費用を負担する。また、鍵の複製を行う場合は区指定の様式により届出を行うこと。

 

(2)メールボックス

登録団体は希望により使用可能。宛先は必ず「地域活動交流センター内」気付。施錠はしない。

 

(3)紙折り機・丁合機

登録団体は無料で使用可能

 

【運営協議会所有物】

(1)電動ホチキス・ラミネート機・製本機

登録団体は無料で利用可能

 

(2)プロジェクター・スクリーン・マイク

登録団体は総合案内に予約のうえ有料で利用可能(各備品1日500円)